--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • --/--/-- --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    tb: --   コメント: --
    最近、「零 紅い蝶」というゲームを買いまして、楽しくやりこんでます。

    「零 紅い蝶」は、謎の村に迷い込んだ双子の少女が、幽霊を撃退することができるカメラを片手に、その村の脱出路を探索していくいわゆるホラー系のアドベンチャーゲームです。

    ホラーゲームなので、刃物でずたずたに切り刻まれた男だとか、首が折れている着物の女だとか、不気味な笑いをうかべる少女の人形だとかが主人公に襲いかかってきます。

    初めは、こわいよーこわいよーとか妻に言いながら、逃げ回ってばかりいました。

    が、慣れてきますと、大ダメージを与えらえるシャッターチャンスの瞬間だとか、コンボ攻撃の入れ方だとかが分かってきて、

    だんだん幽霊を撃退するのが楽しくなってきます。

    それどころか、幽霊を倒したらもらえる経験値(みたいなもの)の欲しさに屋敷中の幽霊を探し回るゲームへと変貌します。

    主人公「どこ?どこ?どこにいるの?」

       「いるのはわかってるよ。隠れたって無駄だよ。フィラメントが反応するからね」

       「ふふふ、籠の中かな。それとも押し入れの中かな」

       「ねぇ、出てきて一緒に遊ぼうよ」

       「ふふふ……」 






       「  見  つ  け  た  」

    幽霊 「!?」


    これじゃあどっちが化けものなのか分かりません。

    しかもクリアした後はスコアアタックモードというのが登場し、何度も幽霊たちをカメラで襲うことができます。

    ハイスコア欲しさに、逃げまどう幽霊を執拗に襲う主人公。

    幽霊たちは、非業な死を遂げただけで、生前はみんないい人たちだったのに……。

    このゲームで、幽霊の怖さよりも人間の怖さを見た様な気がします。

    零~紅い蝶~ PlayStation 2 the Best
    零~紅い蝶~ PlayStation 2 the Best
    おすすめ平均
    starsゲームとしては楽しめますがストーリーが最悪
    stars女の敵キャラカワユス
    starsゲームはもちろん映画を含めて最恐!
    starsジャンルを超えた、日本ホラーの到達点
    starsあなたの知らない世界

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーサイト

    2010/03/29 23:58 [edit]

    category: ゲーム

    thread: レビュー・感想 - janre: ゲーム

    最近はちょくちょくブログのアクセスも増えてきてうれしい限りです。

    さて、タイムマシンがあれば何をしたいですか?というありきたりな質問がありますが、僕ならことわざ発生の瞬間に立ち合いたいと思います。

    ことわざって、ある出来事が起こって誕生するタイプのことわざもあるので、ある意味その瞬間、歴史が動くわけです。

    そんな歴史的瞬間を是非この目で見てみたいなと思います。



    1.筆も選ばないが、手段も選ばない弘法大師


    「弘法も筆の誤り」っていう言葉ありますよね。知っている方も多いかと思いますが、あれって、実際に起こった逸話がもとになっているらしいです。(とくにソースとかはありませんが)

    真言宗の開祖、空海またの呼び名を弘法大師といいますが、彼は書の名人ということで有名でした。

    ある時、えらいおっちゃんが、門に掲げる応天門という文字を書いてくれと弘法大師に頼みます。

    弘法大師もノリノリになって文字を書くわけですが、門に掲げた後、ある間違いに気づきます。

    「応」の字に点が一つ足りなかったのです。

    そこで弘法大師は、下から筆を投げつけて点を足すんですが、まさにその瞬間、その瞬間に立ち会いたい。

    弘法大師をめちゃめちゃいじりたいなぁと思うわけです。

    僕「え? 何してるんですか」

    弘法大師「あっ、いや、その、筆を投げつけようと思って」

    僕「え?まさか、字をまちがえたんじゃあ……」

    弘法大師「いやいやいやいや、ちゃうちゃう、絶対ちゃう。それだけはないわ。それはない。だって俺やで。嵯峨ちゃんとか、はやなりっちと一緒で三筆とか言われてる俺やで。そんなん間違えるはずがない。ほら、あれ、アクション・ペインティングとかあるやん。なんか筆とか投げつけるアートみたいなやつあるやん。あれ、あれ目指してんねん」

    僕「なんで急に関西弁になってるんですか」

    弘法大師「ちょっとさっきから何なの。急に話しかけてきてさ。これ以上邪魔するんだったら、営業妨害で訴えるよ。俺は筆も選ばんけど、手段も選ばんよ」

    この後、弘法大師はなんでも気をつけるようになると思います。

    コンビニでもお札の枚数を二回くらい数えたり。




    2.虎穴に入った人の勇気も台無しに


    虎穴に入らずんば虎児を得ずということわざがありますよね。

    あれは事実かどうかは分からないけど、もし事実なら、虎穴に入って命からがら虎穴から出てきた瞬間、その瞬間にタイムスリップしたいと思います。

    絶対そいつ叫ぶもん。虎穴に入らずんば虎児を得ず!!!ってめっちゃ大きい声で。

    絶対前の日の夜とか、お風呂で考えてるもん。その台詞を言ったろって。出てきたらめっちゃ大声で言ったろって。

    だから是非、その勇敢な彼に嫌味を言いたい。

    僕「ああそれが虎児。すごいですね。でもそれってなんか意味があるんですか。なんかめっちゃ背中からどくどく血が出てますけど。虎児って別にみんな見たいってさほど思ってないし。ていうか可哀そうだと思いませんか。虎が。あなたの親が」

    その後、勇敢な彼は動物や自分の親にとてもやさしくなるかもしれません。



    3.河童が川に流された時の切ない気持ち


    河童の川流れっていう言葉がありますが、河童が流された瞬間に立ち会うとこんな感じになります。

    僕「はじめまして、河童さん。ところでなんかめっちゃ流されてますけど。」

    河童「あぁ、そうですよね……。めっちゃ流されてますよね……。僕としてもびっくりです、ホントに。普段、泳ぎがうまい奴って評判なので、久し振りに泳いでみたら、全然だめで。ホントびっくりです。なんででしょう。初めは頑張るんだけど、なんか息継ぎがうまくいかないというか。いっぱい空気を吸いこもうとするんですが、かえって水を飲んじゃってむせちゃうんですね。はは。めっちゃ流されてますよね河童やのに。ホント、死にたい。」

    その瞬間の河童の目といったらもう、表現する言葉が見つからない。淀んで焦点のあっていない瞳。死んだ河童の目。




    4.こないだ、最新のことわざ発生の瞬間に立ち会いました


    個人的な話なんですが、今、事情があって妻の実家に居候中の身でなおかつ就職活動中で、肩身が狭いんです。

    ほんと向こうの両親には頭が上がらない。


    なんで、張り切って実家の手伝いをしています。でも、いつも空回りしてばかりなんです。

    こないだも、お義母さんから、風呂場の電球を替えてくださいと頼まれたので、電球片手に風呂場に向かったんです。

    でも、交換しているときにほんの少し手がつるっと、つるっと滑りました。それで持っていたガラス製の電灯カバーを割ってしまいました。

    割れた音を聞いて、お義母さんが駆け付けまして、慌てて片付けを始めました。

    僕も手伝いますと言ったのですが、お義母さんの言葉は冷たく、「もう触らないで下さい」と。

    あの時のお義母さんの目が忘れられません。淀んで焦点のあっていない瞳。

    あの瞬間もことわざの発生の瞬間だったと思うんです。

    ことわざは、「死んだ河童の目」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    2010/03/25 16:47 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 本日の小ネタ - janre: ブログ

    ハードディスクを整理していたら、大学時代、部活で作っていたアホな配布物、冊子の表紙などが出てきたので、晒してみます。

    携帯からの閲覧者はすいません。今日の記事は読みづらいかも。

    ちなみにちょこちょこ誤字が散見されますが、フォトショップデータだったりすることが多く、直せないので見逃してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -- 続きを読む --
    関連記事

    2010/03/22 03:06 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 面白い画像 - janre: お笑い

    使っているプロフィール画像がネットから借用しているものなので、そろそろオリジナルのものに替えようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -- 続きを読む --
    関連記事

    2010/03/19 00:40 [edit]

    category: カテゴリ化するほどでもないです

    1. やっぱりすごい愛知県のモーニング!!

    今日は、全国的に有名な愛知県の≪モーニング≫の話です。

    モーニングとは、愛知県の喫茶店で、飲み物を注文するときについてくる、おまけのことです。

    愛知県では午前中、喫茶店に行き飲み物を注文すると「モーニングはお持ちしてもよろしいでしょうか」と聞かれます。

    それで、はい、と答えると飲み物と一緒にそのモーニングと呼ばれる食べ物を持ってきてくれます。

    もちろんモーニングはおまけなので、別途お金を取られるわけではなく、飲み物代の料金しか請求されません。

    しかも愛知県はホットコーヒーが安く、だいたい350円くらい。

    そんなに安いのに、モーニングというおまけまで付けてくれます。

    愛知県では、朝ご飯は外食する(とくに土日)という文化があるので、喫茶店がほんと多いです。

    そのため、差別化を図るために、モーニングというおまけをつけるようになったといわれています。

    ただ、今ではどこの喫茶店でもモーニングを出すので、今度はモーニングの中身の勝負が激化しています。

    モーニングは、一般的な喫茶店だと厚切りトースト半分と、ゆで卵ぐらいですが、中には小倉トーストにしたり、ピザトーストにしたりと豪華なモーニングを出す店もあります。

    なんか、コーヒーの味とかではなく、モーニングというおまけで勝負しようとするのが愛知県らしいですよね。

    ここでは、僕が実際に体験した奇妙なモーニングについて紹介しようと思います。


    2. 恐怖!!日本国旗のついたモーニング。

    一宮市のとある小さな喫茶店の話です。

    その小さな喫茶店は、朝早い時間だったにも関わらず、人がたくさん入っていました。

    ふと机を見ると、中年のおじさんが、競馬新聞片手にお子さまランチみたいなのを食べてました。

    お子さまランチみたいなのというと、あのファミレスによくある、お椀形に盛られたオムライスか何かに日本国旗が付いてたりするアレです。

    この人、変な趣味でもあるのかなぁと思いつつ、周りを見回してみるとみんなそのお子さまランチを食べている。

    若いお兄ちゃんもおばちゃんも、おじいちゃんもおばあちゃんもみんなお子さまランチを食べている。

    で、案の定、僕の所にも届いたお子さまランチ。

    旗を倒さないように一生懸命食べまちた。おいちかったちゅ。

    恐怖のモーニング


    3. 戦慄!!絶対コーヒーに合わないモーニング

    これもまた一宮市での話です。

    ホットコーヒーを注文すると、
    「モーニングは一緒に出してもよろしいですか?それともモーニングの後にコーヒーをお持ちしましょうか?」と聞かれました。

    そりゃトーストと一緒に食べるんだからと、モーニングを一緒に出してもらうことにしました。

    そしたら出てきたモーニングは、御飯とお味噌汁と海苔。


    あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

    『おれはコーヒーと、御飯と味噌汁と海苔を一緒に食べてた。』

    な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

    おれも 何をされたのか わからなかった…

    頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか

    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

    もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…



    絶対に合わないだろうコーヒーに。

    和食モーニング



    4. とけてまうやろ!!

    まぁこんな感じで、愛知県のモーニングの思い出はこんなところです。

    本当は写真があればよかったんですが、
    その二つの喫茶店は、なんか一元さんお断りみたいな雰囲気だったので、写真をとると追い出されそうで怖くてできなかったです。

    ちなみに愛知県で人気の喫茶店といえば、コメダというお店です。

    犬も歩けばコメダにあたるほど、店がたくさんあって、

    愛知県には250店舗ほどあるみたいです。

    愛知県では下手すればマクドナルド並、いやそれ以上に店舗があるかもしれません。

    「え? コメダってほかの県にもそれぐらいあるんじゃないの?」と勘違いしていた地元の人もいました。

    コメダの、人気メニューはシロノワール

    熱々のパンケーキの上に、ソフトクリームを載せます。

    シロノワール



    そんなんしたらとけてまうやろ!!



    やっぱり少し不思議な愛知県。

    どうでもいいけど、無駄に深い意味のあるシロノワール

    シロノワール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    2010/03/17 12:37 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 本日の小ネタ - janre: ブログ

    プロフィール

    Twitter

    FC2カウンター

    おすすめ過去ログ

    最近の記事 コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    最近のトラックバック

    ブログ内検索

    ▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。