--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • --/--/-- --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    tb: --   コメント: --

    Fri.

    え?  

    万有引力で有名なニュートン先生の話です。

    ニュートン先生は、自宅のドアに猫用の小さな穴を開けていたらしいんだけど、

    子猫が産まれた際に、その隣にもう一つ、さらに小さな穴を開けたらしい。

    助手    「ニュートン先生、それは何の穴ですか?」

    ニュートン 「これは子猫用の穴です」

    助手    「え?」

    ニュートン 「え?」


    こういうことってありますよね。僕も天才だからすごく分かります。

    一年くらい前の話ですが、

    豪雨の影響で家が停電になった事がありました。

    昼間だったのですが、雨天のせいで部屋が暗い。

    そこで懐中電灯を取り出そうと思いました。

    しかし、押入れの奥に懐中電灯をしまっていたので、暗くてよく分からなかったのです。

    仕方なく延長コードを伸ばし、電気スタンドを持ってきて、照らそうと思ったのですが、

    電気がつかない。

    僕       「これなんでつかないの、停電で困ってるのに」

    電気スタンド 「え?」

    僕       「え?」


    話変わって、うめきちくんが部室に鍵か何かを忘れた事があって、

    ちょうど部室に居た僕に、うめきちくんから電話がかかってきました。

    それでまぁ、忘れ物を届けようと思ったのですが、

    僕もバイトに行かなくてはならない時間だったので、うめきちくんを待っている時間は無い。

    そこで、駅のロッカーに預けるという作戦を思い付きます。

    僕       「忘れ物、駅のロッカーに預けることにしたよ」

    うめきちくん 「ありがとう。んで、ロッカーの鍵はどこで受け取れば良いの」

    僕       「バイト先まで、取りに来て下さい」

    うめきちくん 「え?」

    僕       「え?」

    ありますありますこういうこと。天才だからすごく分かります。

    僕の事をこれから、万有引力を発見できない天才と呼んで下さい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事
    スポンサーサイト

    2010/02/05 01:00 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 本日の小ネタ - janre: ブログ

    プロフィール

    Twitter

    FC2カウンター

    おすすめ過去ログ

    最近の記事 コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    最近のトラックバック

    ブログ内検索

    ▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。