--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • --/--/-- --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    tb: --   コメント: --

    Fri.

    メイドさん色々  

    ちょっと前に日本橋に行きました。

    数年前、日本を席巻したメイド産業もいまや飽和状態で、

    日本橋はえらいこっちゃになってました。

    メイド喫茶はもちろんのこと、

    メイドさんと一緒にしゃぶしゃぶを食べるメイドしゃぶしゃぶ(ノーパンしゃぶしゃぶと同様か)や、

    メイドさんにお酌をしてもらうメイドバー(人はそれをキャバクラと呼ぶ)などの店も登場し、

    もはや終戦直後のどや街の様相を呈してきました。

    僕と一緒に歩いていた或さんも大変憤慨していました。

    或さんは、看板でメイドの文字を見つけるたびに文句をつけていきました。

    「メイド喫茶またか」

    「なに、メイドバー!」

    「なに、メイドしゃぶしゃぶ!」

    「なに、メイドパソコンだと。なんでもメイドつければええってもんじゃないだろ」

    「いや或さん、あれはオーダーメイドパソコン

    たまに間違えて怒っていました。

    その後入った普通の喫茶店。

    そこのおばちゃんの割烹着のフリルが少し可愛くなっていて、

    僕らはそこでまた、うーんとうなりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事
    スポンサーサイト

    2007/12/28 15:00 [edit]

    category: ネタ(日々)

    Sun.

    部屋の友達紹介  

    今日は僕の部屋の友達を二人紹介するよ。



    続きが気になる人はクリック↓↓↓↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -- 続きを読む --
    関連記事

    2007/12/23 15:00 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 本日の小ネタ - janre: ブログ

    Sat.

    タヌローがやられました。  

    タヌロー。大学生協の可愛いマスコット


    タヌロー







    彼が某大学生協前で惨殺されました。












    タヌロー惨殺



    うわあああああああああああ

    ちょーこえー。こっちみんなって。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    2007/12/22 13:53 [edit]

    category: ネタ(日々)

    Thu.

    縦書きか横書きか  

    面白い記事を見つけました。

    雑誌『俳句』平成18年二月号の「「インターネットの功罪」という記事です。

    この記事はインターネットは俳句に対しどのような功罪(といいつつ悪いことばかり挙げてあったけど)をもたらしたかという事に関して書いてあって、

    その中で目をひいたのは、「横書き俳句は何が問題か」という論題でした。

    執筆者の福永さんは、現在のインターネット掲載されている俳句のほとんどが横書きであることを批判し、俳句というのはいかに縦書きが大事だということを指摘していました。

    例えばこんな例。

      瀧
      の
      上
      に
      水
      現 
      れ
      て
      落
    後 ち
    籐 に
    夜 け
    半 り 

    という詩は横書きにすると

    瀧の上に水現れて落ちにけり

    「句の力は九割方落ちる」とし「何やらちょろちょろしょぼしょぼ、尿路障害症患者のおしっこのようになってしまったではないか」と評しています。

    また、

      愛
      さ
      れ
      ず
      し
      て
      沖
      の
      遠
      く
      に
    藤 泳
    田 ぐ
    湘 な
    子 り

    という句は横書きにすると、

    愛されずして沖の遠くに泳ぐなり

    「大広間の畳の上での水練か身悶えかと思える」と評しています。

    う~んどうだろうね。前者は確かにそうかも知れないけど、後者の句は人によっては横書きの方がよいという人がいるんじゃないかな。


    ただ少なくとも、既存の俳句の中から横書きになると情緒を損なう句の例を意図的に取りだし、さも俳句全体に悪影響を及ぼすという風に論じるのはせこいなぁと思う。
    なんか初めから結論ありきみたいで。

    逆に、横書きにすればかえって、面白くなる句もあるんじゃないかな。
    残念ながら句に関して守備範囲外の僕は、具体的な例を挙げることは出来ないけど、

    短歌だったら、


    海知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり 寺山修司



    これなんかは横書きにする方が詩感が表現できている気がするのは僕だけかな?




    「続きを読む」 には、礒部さんとテラーリンさんの話を書いています。

    知っている人はクリック↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -- 続きを読む --
    関連記事

    2007/12/20 00:30 [edit]

    category: 文学

    thread: つぶやき - janre: ブログ

    プロフィール

    Twitter

    FC2カウンター

    おすすめ過去ログ

    最近の記事 コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    最近のトラックバック

    ブログ内検索

    ▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。