--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • --/--/-- --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    tb: --   コメント: --
    シフレって何だっていう話の前にですね、

    いやその、車壊れたんですよ。

    人からもらった車で、もう10万キロくらい走ってまして。

    たまたま偶然ディーラーの前で故障して、そのまま修理の見積もりってことになりまして、そしたら修理費20万かかるっていわれたんですね。

    もう古い車なんで、20万かけて直したところでまた故障するかもしれないので、うんじゃあ廃車しようということになったわけです。

    そこで嫁が、一人で廃車手続きを行ってくるね、というので、私が全力で止めるわけです。


    ちょっと待てと。



    29歳これから子供を作りそうな夫婦。そんな夫婦が車を修理せずに廃車にする。これは誰がどう見たって、商売チャンスだと。鴨が葱と鍋とカセットコンロとビールを背負ってきているようなもんだと。

    車のディーラーなんてものは、飢えたチーターがひしめくサバンナ。そんなところに車に関して右も左も分からぬ嫁が行ってしまっては、あれやこれやと言いくるめられて試乗させられて、よその車を見る前に、この車にしようなんて口車に乗せられてしまうと。

    だからここは僕一人に任せてくれと。

    僕が行ってきて、営業の巧みな言葉に惑わされず、試乗してみませんか。などというハニートラップを交わし、曇りなき眼で見定め、手続きをしてくる。

    そう嫁にカッコつけてディーラーにきたわけなんですけど、



    それが、

    あの、

    ぜんぜん営業されないでやんの!


    いやーびっくりしたわー。もうぜんぜん営業してこないもの。ついた営業さん、着々と廃車処理を進めていくだけで、試乗の話どころか、新車系の話題いっさい触れてこないの。

    ほらたとえばさ、廃車した後お車どうされますか?とかさ、パンフレット見てみますかとか?さ、今キャンペーンやってまして・・・・・・とかさ、試しに乗ってみますか?とかさ。

    なんかこう、軽く触れてみてもいいんじゃないの?いや、オタクで買うかどうかは分からないよ?興味ないですよ?でも、軽く軽く触れてみてくれたら聞かないこともないよ?


    と、内心思っていたんだけども、営業マンはさくさくっと手続きを進めていくわけですよ。それはそれは段取りよく。

    いや、いいんですよ。こちらとしても廃車手続きをしに来たわけですから。でもなんだろ、拍子抜けというか、淋しいというか・・・・・・。

    だから、興味ないんですけど、こう、机に置いてあるパンフレットなんかをね、ちらちら見たりするわけですよ。それとなくね。

    それでも手続きは着々と進んでいるわけですよ


    あれー、おかしいなぁ。いや、いいんだけどもね。でもさ、チャンスだと思うんだけどねー。ほら車がなくなっちゃうわけですから、探してる可能性大ですよー。
    興味なさそうに見えても実は興味があるかもしれないですよ?いや、興味ないですけど、全然。


    だから、なんか、つい、自分から言っちゃったんですよね。


    「あー、試乗キャンペーンとかやってるんですね」


    って、机のPOPを見ながらボソッて。

    そしたら、営業さんから軽ーく言われたんですね。



    「あーじゃあ乗っちゃいます?説明しますよー」



    その軽薄な一言に、ものすごい傷つました。

    なんていうか、



    ムードもへったくれもないじゃん!!



    こっちはね、営業されるかもしれないってドキドキしながら今日来てるわけ。言葉巧みにだまされないように、警戒しながら。でも内心、車なくて困っているわけで。ほんとは興味はあった。相手が一生懸命説明してくれるなら、懇切丁寧に勧誘してくれるなら、ちょっとぐらいなら営業してくれてもいいよ。実はそう思ってた。

    ほいほい営業に乗るような軽い男だとは思われたくなかったから、堅めの服装で来てたけれども、靴はちゃんとスニーカーだったの、運転しやすいように。

    それが、それがですよ、軽ーく、試乗しちゃいますか?だなんて。

    そんな、簡単な一言で試乗してしまうような、そんな男とばかり営業していたわけですか貴方は?不潔だ不潔すぎる。

    そんな営業さんは、お客さんを試乗だけ、散々させた挙げ句、ノリが悪ければ、ポイっと捨てるにきまってるんですよ。ろくな説明もしてくれないし、でも試乗だけは何度も迫ってくるにちがいない。

    そんなね、試乗だけをさせる関係なんて、いわば「シフレ」(試乗フレンド)ですよ。

    僕もね、昔はそういう時期はありました。営業さんにほいほいついていって、試乗ばっかりする時期。いわゆるシフレですね。

    でも、それって時間の無駄だって気付いたんです。そんな愛のない営業を受けたって、軽い気持ちの試乗をしたって、そのとき楽しいだけで、決して心は満たされないって。



    僕は、絶対にシフレになんかならない!!




    って心で叫んで、試乗を断り廃車手続きを終わらせてきた。

    まぁそういうお話です。やっぱりムードって大事ですよね。

    というわけで、最近カーシェア使ってます。カーシェアっていいですよ。普段そんなに車乗らない人で、自宅の近所にカーシェアやってるところがあれば是非おすすめ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーサイト

    2015/03/01 20:22 [edit]

    category: ネタ(日々)

    Tue.

    メロスの怒るツボ  

    教科書でおなじみの作品、太宰治の「走れメロス」

    そのアニメを授業で使うということで、試しに嫁と一緒に見てみた。

    やっぱり「走れメロス」といえば、あれですよね。有名な冒頭


    メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。
    引用:青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1567_14913.html



    早速ブチ切れのメロス。石原良純だってこんなに突然怒らないですよね。

    この怒りっぷりをアニメでどうやって再現しているのか。この記事で検証してみようと思う。



    プロローグ、街へ意気揚々と乗り込むメロス。さすが田舎者。よほど都会がうれしいのか

    馬に乗るメロス

    そこは立ちはだかるは、門番!

    門番

    馬車に乗っての入門はゆるさーん!!

    怒りの門番

    殴られるメロス!

    殴られるメロス

    あーあ、門番はやっちまったな。半殺し確定だわ。そりゃメロスならブチ切れですわ。








    メロスは度肝を抜かれた!!
    メロスは度肝を抜かれた


    あれ?
    おかしいな?怒らなかったぞ?

    まぁメロスもまだまだウォーミングアップができてなかったんでしょうな。
    これからですね。怒りのエンジンがかかってくるのは

    街をぶらぶらするメロス

    街をふらつくメロス

    ゴロツキどもに遭遇

    ごろつきに遭遇

    早速喧嘩を売るゴロツキ

    あーあ終わったわ。メロス先輩は絶対切れるわ。
    へへ、メロス先輩、そろそろ見せつけちゃいましょう。その切れっぷりを。
    僕は後ろで先生が来ないか見張ってるんで!





    メロスは嫌がった!!
    メロスは嫌がった

    吹っ飛ばされるゴロツキ
    ふっとばされるごろつき


    あれ、なんか違うぞ?結果的には悪党ども打ちのめしたけど、なんか違う。あんまし怒ってないんですけど……。


    いやいやこれからですよ。いよいよブチ切れるはず。
    やばいわー。怒りを蓄積させてるからやばいわー。次なんかあったらもうワンパンで終わるわー。

    今度は、物乞いの子供たちに遭遇。

    群がるクソガキ

    おい、金をよこせよ

    金をよこせよ


    あーあ、今度こそ終わった。だめだ、もうだめだ。さすがのメロス先輩も、もう我慢の限界だわ。
    やっちゃってくださいよー。軽くのしちゃってくださいよー
    僕も加勢するので。小足キックで。





    メロスは踏んづけられた!!
    踏んづけれるメロス

    あれ?

    そして

    メロスは落胆した!!メロスは落胆した

    だめじゃん!物盗られてるじゃん!


    ここでセリヌンティウスが登場

    「取り返してやったぞ」

    セリヌンティウス登場

    かっこいい。セリヌンティウス!!

    でもアニメ版では、人間不信でアルコール依存症という設定のようです。

    ヤケ酒ンティウス

    ただののんべえです

    酒をバラマクンティウス

    ヤケヌンティウス


    仲良い二人
    事後

    このシーンを見て、嫁が「事後」とつぶやいた。その腐れっぷりに

    旦那は激怒した。

    いやいや、僕が怒っても仕方ないんです。メロスに怒ってもらわないと。

    ここでアニメオリジナルキャラのセリヌンティウスの恋人が登場

    セリヌンティウスの恋人

    もしや?ここで怒るのか?ここで怒ってしまうのか?
    実は、女嫌いなのか?女性に偏見でも持っているのか?
    振り返るメロス

    ペンダントを差し出すメロス
    メロスは恋をした

    まさかこれは

    メロスは恋をした

    違うわー。そういう展開は期待してないわー。そんなロマンスとかは原作にないしいらないわー。

    いやいやこれからですよ。結局、メロスは暴君に対して、政治に対して怒ってたわけで、
    こんな些細なことで怒らんわけですよ。

    いよいよクライマックス

    暴君ディオニス登場!!

    暴君ディオニス登場

    罪なき人々殺すディオニス

    罪なき人々を殺すディオニス

    ざわ


    ざわざわ

    さぁくるぞ。メロスの激怒が。怒り狂うぞ……。



    メロスは驚愕した!!メロスは驚愕した


    違う違う違う、違うってばー!!

    そしていろいろあって捕まるメロス


    「ちょっと遅れてきてもいいぞ」

    ちょっと遅れてきてもいいぞ

    こんなあくどいことを言うディオニス。

    この邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の王に対して、邪悪に対しては、人一倍に敏感であったメロスがとった行動は




    メロスは涙した!!
    メロスは涙した!


    うっそやーん!!


    だめだ。全然怒らないわ。むしろ、ここまで来ると怒らないわ。たぶん人生で一度も怒ったことがないとかそういう設定だわ。
    あそこで怒らないと、怒る場所ないもん。

    と思ってアニメを見続けていると……。

    村に帰ったメロスが婚礼の準備に入ります。

    メロス「買い物はすべて済ませた。早速今晩結婚式を開こう。」
    妹  「そんなの無理よお兄さん。だって結婚相手の人がなんていうか分からないもの」
    メロスの妹


    なんだとぉ!!
    なんだとぉ!

    走るメロス!!
    走ったメロス!

    そして

    メロスは激怒した
    メロスは激怒した!


    って、怒るツボはそこかよ!!!

    ということで、ちょっと怒るツボの分からないメロスだけども、まぁちゃんと怒ります。
    いろいろと原作にもない設定が盛り込まれてて面白いので、機会があれば見てみて下さい。

    Youtubeなんかにもあるらしいよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2012/03/20 12:49 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 本日の小ネタ - janre: ブログ

    ひょろ男

    嫁に似顔絵描いてもらいました。

    かなりイケメンに書いてもらったみたいです。えへへ。

    ひょろ男2

    そんなにイケメンですかね?

    ひょろ男3

    ひょろ男4

    騙された。嫁に文句言ってくる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2010/07/15 09:00 [edit]

    category: ネタ(日々)

    Mon.

    CGよりもすごいことをしよう  

    今朝テレビで放送されてた映像なんだけど

    キャメロン・ディアスとトム・クルーズ。実はサッカーが上手!?



    どうせCGなんだろうなって思って番組見てると、案の定CGなわけ。

    制作者は、「Youtubeなどで話題になればと思って作りました」とか言ってるんだけど、


    あのねぇ、今の時代、このくらいじゃ話題にならないよね。

    だってみんな見る前に分かるもん、CGって。もうなんかタイトルとか見るだけでわかる、CGって。

    みんなアバターとかさ、CG技術を使ったすごい映画とかに慣れてるから、もういまどき、ほんとにものすごいことでもしない限り、すぐCGって疑っちゃうよね。

    僕なんか、最近エスパー伊東あたりはCGじゃないかなって思ってる。あんなちっさいおっさん、スポーツバックとかに入っちゃうおっさん、この世に存在するわけないじゃん。

    あと出川のスベリ芸あたりも間違いなくCG。ダチョウ倶楽部のリーダーもCGで、声優は森本レオだし。



    もうみんなすぐCGだって思っちゃうから、すごいことしてみんなをびっくりさせようとかしている人は、ものすごい迷惑になってる。

    僕の幽霊の友達も言ってたもん。あれ、みんなに言ってなかったっけ?僕の友達に幽霊のやつがいるんだけど。

    その幽霊の友達は、心霊写真に登場してみんなを驚かせるプロなんです。

    けど、今の時代、どんなに怖い写真作っても、CGだ、フォトショップだとか言われて困ってるらしい。

    この間なんか、写ってる人の片足を透明にして、後ろの背景写すっていう荒技に成功したらしいけど、

    TVの検証番組でフォトショップと二枚の写真使えばこんなん誰でもできるよ、とか指摘されたらしく、

    飲み屋ですっげぇ愚痴ってたもん。会計になって割り勘にしようかって言った途端に、消えたけど。座席が濡れてて店員さんに怒られたけど。

    そんなあいつも最近は、コスプレやってる女の子の、肌を不自然なほど真っ白にしたり、目とか極端に大きくしたりして、すっげぇ不気味な心霊写真を作ってるらしい。




    話は戻るけど、とにかくこのご時世、よっぽどものすごいことをしないと話題にならないわけです。

    ということで、僕もCGよりもすごいことやってみようと思います。




    うんこ




    どうでしょうか。これはすごいことですよ。今年で25歳がなった男が、分別も十分付くであろう年齢の男が、

    僕の友達や先輩や、彼女や彼女の知り合いまでも見るであろうブログで、うんこ。

    うんちじゃないですよ。うんこです。なんの脈略もなく、惜しげもなく。

    この歳で、下ネタとかほんとありえない。

    そのありえない光景が皆さんの前に広がってます。

    言っときますけど、これはCGじゃないですよ。これが現実です。


    (追記)

    すいません、やっぱCGです。このブログもCGです。ほんとすいません><


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2010/06/21 11:44 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 本日の小ネタ - janre: ブログ

    最近はちょくちょくブログのアクセスも増えてきてうれしい限りです。

    さて、タイムマシンがあれば何をしたいですか?というありきたりな質問がありますが、僕ならことわざ発生の瞬間に立ち合いたいと思います。

    ことわざって、ある出来事が起こって誕生するタイプのことわざもあるので、ある意味その瞬間、歴史が動くわけです。

    そんな歴史的瞬間を是非この目で見てみたいなと思います。



    1.筆も選ばないが、手段も選ばない弘法大師


    「弘法も筆の誤り」っていう言葉ありますよね。知っている方も多いかと思いますが、あれって、実際に起こった逸話がもとになっているらしいです。(とくにソースとかはありませんが)

    真言宗の開祖、空海またの呼び名を弘法大師といいますが、彼は書の名人ということで有名でした。

    ある時、えらいおっちゃんが、門に掲げる応天門という文字を書いてくれと弘法大師に頼みます。

    弘法大師もノリノリになって文字を書くわけですが、門に掲げた後、ある間違いに気づきます。

    「応」の字に点が一つ足りなかったのです。

    そこで弘法大師は、下から筆を投げつけて点を足すんですが、まさにその瞬間、その瞬間に立ち会いたい。

    弘法大師をめちゃめちゃいじりたいなぁと思うわけです。

    僕「え? 何してるんですか」

    弘法大師「あっ、いや、その、筆を投げつけようと思って」

    僕「え?まさか、字をまちがえたんじゃあ……」

    弘法大師「いやいやいやいや、ちゃうちゃう、絶対ちゃう。それだけはないわ。それはない。だって俺やで。嵯峨ちゃんとか、はやなりっちと一緒で三筆とか言われてる俺やで。そんなん間違えるはずがない。ほら、あれ、アクション・ペインティングとかあるやん。なんか筆とか投げつけるアートみたいなやつあるやん。あれ、あれ目指してんねん」

    僕「なんで急に関西弁になってるんですか」

    弘法大師「ちょっとさっきから何なの。急に話しかけてきてさ。これ以上邪魔するんだったら、営業妨害で訴えるよ。俺は筆も選ばんけど、手段も選ばんよ」

    この後、弘法大師はなんでも気をつけるようになると思います。

    コンビニでもお札の枚数を二回くらい数えたり。




    2.虎穴に入った人の勇気も台無しに


    虎穴に入らずんば虎児を得ずということわざがありますよね。

    あれは事実かどうかは分からないけど、もし事実なら、虎穴に入って命からがら虎穴から出てきた瞬間、その瞬間にタイムスリップしたいと思います。

    絶対そいつ叫ぶもん。虎穴に入らずんば虎児を得ず!!!ってめっちゃ大きい声で。

    絶対前の日の夜とか、お風呂で考えてるもん。その台詞を言ったろって。出てきたらめっちゃ大声で言ったろって。

    だから是非、その勇敢な彼に嫌味を言いたい。

    僕「ああそれが虎児。すごいですね。でもそれってなんか意味があるんですか。なんかめっちゃ背中からどくどく血が出てますけど。虎児って別にみんな見たいってさほど思ってないし。ていうか可哀そうだと思いませんか。虎が。あなたの親が」

    その後、勇敢な彼は動物や自分の親にとてもやさしくなるかもしれません。



    3.河童が川に流された時の切ない気持ち


    河童の川流れっていう言葉がありますが、河童が流された瞬間に立ち会うとこんな感じになります。

    僕「はじめまして、河童さん。ところでなんかめっちゃ流されてますけど。」

    河童「あぁ、そうですよね……。めっちゃ流されてますよね……。僕としてもびっくりです、ホントに。普段、泳ぎがうまい奴って評判なので、久し振りに泳いでみたら、全然だめで。ホントびっくりです。なんででしょう。初めは頑張るんだけど、なんか息継ぎがうまくいかないというか。いっぱい空気を吸いこもうとするんですが、かえって水を飲んじゃってむせちゃうんですね。はは。めっちゃ流されてますよね河童やのに。ホント、死にたい。」

    その瞬間の河童の目といったらもう、表現する言葉が見つからない。淀んで焦点のあっていない瞳。死んだ河童の目。




    4.こないだ、最新のことわざ発生の瞬間に立ち会いました


    個人的な話なんですが、今、事情があって妻の実家に居候中の身でなおかつ就職活動中で、肩身が狭いんです。

    ほんと向こうの両親には頭が上がらない。


    なんで、張り切って実家の手伝いをしています。でも、いつも空回りしてばかりなんです。

    こないだも、お義母さんから、風呂場の電球を替えてくださいと頼まれたので、電球片手に風呂場に向かったんです。

    でも、交換しているときにほんの少し手がつるっと、つるっと滑りました。それで持っていたガラス製の電灯カバーを割ってしまいました。

    割れた音を聞いて、お義母さんが駆け付けまして、慌てて片付けを始めました。

    僕も手伝いますと言ったのですが、お義母さんの言葉は冷たく、「もう触らないで下さい」と。

    あの時のお義母さんの目が忘れられません。淀んで焦点のあっていない瞳。

    あの瞬間もことわざの発生の瞬間だったと思うんです。

    ことわざは、「死んだ河童の目」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2010/03/25 16:47 [edit]

    category: ネタ(日々)

    thread: 本日の小ネタ - janre: ブログ

    プロフィール

    Twitter

    FC2カウンター

    おすすめ過去ログ

    最近の記事 コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    最近のトラックバック

    ブログ内検索

    ▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。